私の経験した投資の基準
貯徳なくして 投資する勿れ


基準とは 自分の立場のようなもの

心技体の 充実しているとき 基準も しっかりしている

心と技があっても 身体が 病んでいるときは 危ない

氣は心 身体の氣にも 春夏秋冬があり

冬の時期は 変化を求めず 学びに 励むとき

冬の時期に 病んでいて

事業を興したり 投資をしたことは

失敗に つながっている

心と 元氣と つなげること 技を 磨くこと

そして 健康であることが 仕事には 大切

投資も 売買の商売も 同じ仕事

心を守ること それは 貯徳すること

切れたのは 徳が切れたから 起る現象

貯徳こそ 心が豊になり 運がついてくる 因

貯徳なくして 投資する勿れ!





投資の基準
貯徳ありて 人生成功あり


敵を知り 己を知れば 百戦 危うからず

情報時代 株を知ることは 己を知るより 容易

基準は 己を知ることに 置くこと

己こそ 中心だから

買い物が好きな人は 商品から知り

計理が好きな人は 経理から知り

人が好きな人は 人柄から知り

交際が好きな人は 信頼から知り

氣の短い人は 短期投資 上昇中株価で買い

氣の長い人は 長期投資 割安企業を買う

ついてる人が 儲かり ついていない人が 損をする

儲は 信ある者 徳は 直の道をゆく人

貯徳は ついてくる方法

人を喜ばせば 徳貯まり

人を傷つければ 徳欠ける

貯徳ありて 人生の成功あり





金利と株価
貯徳ありて 投資あり



金利の安いとき 株も安い

金利の高いとき 株も高い



金利の安いとき 債券高い

金利の高いとき 債券安い



金利は 上り過ぎれば 下り 下り過ぎれば 上る



自由経済は 株は高くなる

不自由経済は 株は安くなる


株も 上り過ぎれば 下り 下り過ぎれば 上る

短期の株価は ムードに 動く

暗くなれば 安くなり 明るくなれば 高くなる

長期の株価は 徳に 動く

徳高ければ 高くなり

不徳なれば 安くなる

投資の結果は 運により

運の結果は 徳による

貯徳ありて 投資あり




投資の基準
天意の投資

心の基準  貯徳状況が 運を決める
技の基準  変化を正しく捉える 技
体の基準  体力 資金力 信用力
時の基準   自分の間 リズム  


嫌いは 失敗の因

好きは 成功の因

楽しいは 大成功の因

徳の枯れた人が 犯罪を犯す

切れたは 徳が 切れる

枯れたは 徳が 枯れる

病氣も 徳が病んでいる場合 多し

景氣は 徳の氣

直心(天に向かって)で 道ゆく人は 徳が貯る

天意を知り 天命を愛し 天命と共に 活きる

それが 万福状況


2006428

竹 田 和 平