旦 那 待 望 論





旦那さん.... 何と温かく頼もしい響きなんだろう

旦那さんの言源は梵語のダーナです

安らぎを与えてくれる人を呼ぶ愛の言葉がダーナです

ありし日  困ったとき  助けてくれた旦那さんがいた

      学びたいとき 励ましてくれた旦那さんがいた

      励んだとき  誉めてくれた旦那さんがいた

      怠けたとき  叱ってくれた旦那さんがいた

旦那さんは至る所に存在し そのゆくところ嬉しい ありがとうの言葉があふれていた

みんなの心に旦那さんが 住みついて想い出すたび 感謝の念がこみ上げて

幸せがあふれて来た

少年の頃  旦那さんは気の効いた小僧さんであった

      手代になろうと懸命に励んで 手代になった

      番頭さんになろうと懸命に励んで 番頭さんになった

      主人になろうと懸命に励んで 主人になった

      旦那になろうと懸命に励んで 旦那になった

気の効いた小僧さんが 懸命に励んだその結果 愛も知恵も勇気も

そして言葉もお金も信用も身につけた旦那さんが 生まれたのである

すてきな旦那さんになりたい! 旦那さんは人生の夢であり 気力の源であり

それが世間の活力であった

旦那さんは与えることで ありがとうの創造出来る存在であった ありがとうの

花咲爺さんであった ありがとうの感動が 心をあふれさせ 世間をうるおしてくれた

旦那さんは美しい想い、こと、もの、そして美しい人を求める存在であった

求めに応じて 美しい文化 美しい作品が生まれ そして美しい人が生まれて

美しい世間が創造された

旦那さんは嬉しいこと 楽しいこと わくわくすることを創造する存在であった

嬉しいプレゼント 楽しいパーティー わくわくする祭りなど 感動あふれる世間を

創造してくれた

旦那さんは自然を育て 人を育てる 存在であった 育てる喜びを知り自由と調和の

あふれる 世間を創造してくれた

いま 物があふれているけれど 心があふれてこないのは 何故だろうか

血税による商品券大量プレゼントにかかわらず ありがとうの声が聞こえて来ないのは

淋しい

血の通い難い大組織によるプレゼントに ありがとうは生まれないのであろうか

旦那の役割は 行政の手から血の通っている旦那の手に 回帰すべき時が来ているのでは

ないだろうか

自由な心の時代には 人に応じ 時に応じ 所に応じたほど良いサービスを

行政組織に期待することに 無理があるようです

愛と知恵と勇気を磨いて長者となった旦那さんの他に 調整役をゆだねられる存在が

あるのでしょうか

旦那さんは自然に生まれます 自然に生まれる旦那さんを生まれないようにしている

規制があるから 旦那さんがいなくなったのです

その規制は累進課税です 累進課税が主人への夢を砕き旦那さんへの道を

閉ざしているのです

蓄福が出来れば 分福や植福の役割を担う旦那さんに育つことは 

木に花が咲き実が稔るように自然の成り行きです

心の時代のリーダーは 旦那さんに決まりです 旦那さんの創造を 

いまこそ合意し一日も早くたくさんの旦那さんが誕生できるよう行動を開始しましょう



1999611

竹 田 和 平

旦 那 待 望 論(其の2)



旦那の語源は梵語のダーナです それは安らぎを呼ぶことばです

慈愛を与える人 それが旦那さんです

旦那の旦は 朝日の意です そして那は街の意です

元気を与える人 それが旦那さんです

向上発展のため慈愛と知恵と元気を無限に与えるのが天意です

天意と共に生きている人 それが旦那さんです

温かいサンタクロースは 旦那さんの一面です

頼もしい七福神も 旦那さんの一面です

正直な花咲爺も 旦那さんの一面です

いつも笑顔を絶やさない人 それが旦那さんです

旦那さんは会社のオーナーでありシンボルです

また 社会にとって寄付者であり相談役です そして 個人として温かい

風流人です いつも悠々自在の人 それが旦那さんです

旦那さんはフリーです フェアです そしてグローバルです

いつも自然の道を示す人 それが旦那さんです

旦那さんは大愛で誉めたり叱ったり励ましたりします

だから 旦那さんに触れると全てが愛にかわります

人はみんな いい人になりたいと望んでいます

旦那さんは大自然が認めた いい人です

不自然な税制を自然に戻せば旦那さんは大量に生まれます

古代にはギリシャやカルタゴなど 地中海に旦那がつくった自然都市がありました

中世にはハンブルグやアムステルダムなど 北海に旦那がつくった自由都市がありました

日本にも旦那がつくった堺があり 自由都市として繁栄していました

現在でも京都や高山の祭りに見られるように 美術の妍を競った鉾や山車は

旦那衆の心意気で維持され そして京都の宵山祭りの旦那衆は 秘蔵する

美術品を公開するなどの美の価値を高める役割を果たしています

いずれも愛と知恵と勇気で 美しい精神文化を向上発展し大きな足跡を残しました

パンとサーカスの要望に応えたローマは亡びました

平等の要望に応えたソ連も崩壊しました

行政も自然の道理から離れては生きてゆけないのです

すでに現実化している情報社会は フリー、フェア、グローバルの時代です

それを支える精神がフェアです

フェアの精神を基盤として個性が自由に咲く情報社会が成立するのです

そして美しい精神文化の乱れ咲く自由都市をつくり

世界にそのネットワークを形成し 平和で美しい地球国家を創造してゆきます

その道をみんなのために妨げないようにしましょう

その道をみんなに知らせましょう みんなで拡げましょう

そしてみんなで照らしましょう

その道を知らせた方 拡げた方 照らした方に私はエネルギーを差し上げます

渡辺昇一先生の“世論を動かす旦那たれ”の有り難い励ましにお応えするためであり

それが私のわくわくの道だからです

世論を動かす同士よ 今立ち上がられよ

1999625

竹 田 和 平

旦 那 待 望 論(其の3)


21世紀は情報時代であるとの合意はすでに成立しています

情に報いる時代 すなわち愛と感謝があふれる心の時代が到来するのです

物は決められた存在ですから 物の時代は規制の時代となりますが

心は自由な存在ですから規制フリーの時代となります

だからフリー フェア グローバルが標語となるわけです

情報時代の発展の鍵はフェアが握っています フェアの精神が高まれば発展し

低まれば崩壊します

フェアの精神とは 日本的に表現するば道と粋の精神です

粋とはすべての自己表現を美意識に基づいて行動することです

物の時代は他力によってコントロールできますが 心の時代は自己以外は

コントロール出来ない時代ですから 官主導から民主導の時代となるわけです

全ての人々が道と粋を生きることは まだ期待出来ませんので 道と粋を体現する

指導層が発生して民主導が実現することになります

その指導層を旦那層と言います

情報時代は旦那無くして開幕はあり得ません

旦那層の出現には累進課税、相続税、贈与税を撤廃することが絶対条件です

そして発展には道と粋を旦那層の精神とし 涵養することも絶対条件です

旦那層を生み出す税の改定は政治の役割ですが 精神の涵養は旦那さん自信の役割です

旦那の精神が美しい都市を創造し その精神の喪失が都市の崩壊を招いたこと

多くの事例で歴史は示しています

情報時代に先がけ 旦那さんを志す人は旦那の精神に学んで

いま行動を開始するときです

まずパワーを結集すべきでしょう そのため情報を共有する必要があります

月刊誌を発行して同士を結集しましょう

題名は旦那時代です フリー、フェア、グローバル時代に道と粋に基づき

愛と知恵と勇気を与えることを喜びとして生きる 旦那の古今の物語を熱く説き

旦那をめざす人々を増やしてゆくのです

道と粋は花のお江戸から生まれた思想です この思想を深くし、高くし、大きくして

世界に捧げること 恵まれた私達民族の役割であり 誇りであると思います

私は旦那時代を発行する事業を応援します

さあ 美しき情報社会の創造にみんなで出発しましょう

1999628

竹 田 和 平

21世紀は情報社会



19世紀までの農業社会 20世紀の工業社会 そして21世紀の情報社会へと日本は

発展路線を突き進んでいる

それは食の自由、物の自由を達成して感性の自由化への挑戦である

社会意識も 農の境界意識から工の市場意識へ そして情報社会の無限意識へと発展してゆ

くのだ  またイデオロギーも農が求めたマルクス主義 工が求めた社会主義から

情報社会が認める自由主義への発展するのである 農業社会から工業社会への大変化を

経験した明治時代のように現在は 工業社会から情報社会へ急速な変化を経験している

無限の情報社会は 時空的な壁を溶かし世界を一つにする  多くの民族が一つになるには

アメリカで経験されているように 皆が支持できる正義が必要となる

その正義とは人権の尊重 自立と共生 選択の自由 機会の公平など大自然の法則を

根幹とする歴史から学び得た得た叡智である

社会主義の行き詰まりが現在の大不況である

近年の不況対策は 変化の恐れから発した現状維持策に他ならず 不況を止めることは出来

ないばかりでなく変化へのショックを拡大する愚策である  情報社会の到来が必然である

以上 速やかに官の手から資本を解放する政策を実行すべきである

政策の遅れは席の流れに乗れず 日本経済を植民地化してしまう

資本の官営化により発展の原動力である創意工夫が抑圧されて 今や風前の灯である

一日も早く資本が解放され 創意工夫が百花繚乱出来る 社会システムを構築すべきだ

歴史が示す如く 日本民族はおろかではない いずれ渡辺昇一先生の説かれる如く 社会主

義を象徴する累進課税と贈与税と相続税を撤廃し資本を解放すると共に ドクター中松の説

く創意工夫の ボルテージの高い社会を実現するであろう

行政は最も優れた人格と識見によって指導されるのは当然であり その方法として日本でも

科挙の制度が採用されてきた  しかしながら優れた若者でも常に業績が評価され

賞罰が与えられなければ 人格識見を磨くことが出来ないのである 年功序列制度の慣習の

中では人材は育ちようが無く 現在では民間の中に市場の評価に耐えて自己を 磨いた

人材が多く存在している

それらの人材を 行政のリーダーとして活用することが 今求められているのだ

いずれにせよ日本は進化するに違いない

2001年には最大の規制である税の公平化が実現する  大不況の深刻化がそれを実現し

てくれるのだ  規制に抑圧された精神が解放され 秘められた創造力が表面化する

真の賢者があらゆる分野から立ち上がり リーダーシップを発揮する

資本が自由に移動し 新規事業が雨後の竹の子の如く芽生え 職業を自由に選択出来るサー

ビスが充実して 失業者が激減する  技術者層や経営者層も 報酬と自己実現を目指し 

経営者層の中から資本を蓄積した

旦那層が現れてくる  旦那層は資本と人材を育成し 世界のリーダーと繋がって世界平和

の基盤となる  また政治行政に賢者として関与すると共に 慈善事業や教育事業も主導す

る  そして文化や芸術のスポンサーとして美の推進役を担当する 新しい資本自由主義は

まさに百花繚乱 わくわくの世を創造するのである

1999520

竹 田 和 平